ドリップバッグコーヒーのおいしい淹れ方

おいしいドリップバッグコーヒーの淹れ方

コーヒー好きの方でも毎回豆を挽いてドリップしてからコーヒーを楽しむのが面倒な時ってありますよね。そんな時、当店のドリップバッグコーヒーはいかがでしょうか。ドリップバッグコーヒーは仕事や家事の合間に、ひと休みしたいときにお湯を用意すればおいしいコーヒーがすぐに出来上がります。しかも個包装されてるので持ち運びもかんたん、淹れ終わったらゴミ箱にポンと入れるだけなので後片付けもらくちんです。

そして、ちょっとしたコツを覚えると本格的なコーヒーに負けないくらいおいしく淹れることができます。

一つ目のコツはお湯の温度です。コーヒーの味はお湯の温度で変わります。おすすめは85℃~90℃です。ポットの中の温度が90℃ならば入れ始めると少し下がるのでちょうどよくなります。温度が高いと苦みが出やすく、低いと苦みも香りも薄くなりますので85℃~90℃のなかでお好みの温度を見つけてください。できれば温度計でしっかり計ることをおすすめします。なければ沸騰したお湯を1分ほど置くと90℃くらいまで下がりますので目安にしてください。

二つ目はお湯の注ぎかたです。気軽にかんたんといっても一度にお湯を注がないでください。まずは粉全体を湿らす程度にお湯を注いで30秒蒸らします。この蒸らしをすることでそのコーヒー豆が持つ香りと甘みが抽出されます。蒸らした後は少しづつお湯を注いで130cc出来上がるようにします。(あらかじめお気に入りのカップで130ccがどのくらいか計っておくことをおすすめします)

そのまま1分浸して出来上がりです。

蒸らしの時間も含めて全部で2分30秒くらいです。

いかがでしょうか、この二つのコツを参考にしていただいて自分好みのドリップバッグコーヒーの淹れ方を見つけてくださいね。

ご購入はこちら

PAGE TOP

© 2020 モトラコーヒーMOTRACOFFEE